【大東】恒例の『公民館deシネマ鑑賞』今回の上映作品は宮沢りえ主演の『父と暮せば』♪

毎回人気の『公民館deシネマ鑑賞』ですが、今回は8月ということで『公民館de平和シネマ鑑賞』となり上映作品は広島の原爆を背景に、父と娘の心温まる物語『父と暮せば』が上映されます。

pub-event20170801

 

この作品は日本映画界の巨匠・黒木和雄監督の戦争レクイエム4部作の1編で、宮沢りえが演じる美津江と原田芳雄が演じる父・竹造の物語です。
広島の原爆投下から3年が経ち、生き残った後ろめたさで幸せになることを拒否し続け、苦悩の日々を送る美津江を案じて、亡霊となって戻ってきた父・竹造の励まし。美津江が悲しみを乗り越えて未来に目を向けるまでの4日間を描いた物語。

8月23日(水) 大東市総合文化センター(サーティーホール) 3F視聴覚室にて上映。
午前の部は10:30~12:15 午後の部は14:00~15:45 (各回30分前に開場となります)入場は無料でどなたでもお入りいただけますので、お時間のある方はぜひ見に行ってみてください。宮沢りえさんの演技が素晴らしいと評判の映画です。

(nami)


【注目!】大東・四條畷のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット」はこちらから。

ページの上へ