【大東】【豪雨被害】はや山荘で土砂災害発生!甚大な被害で営業再開のめど立たず。

2018/07/07 07時00分

JR学研都市線が運休するなど、大東市でも長引く豪雨の影響が出ていましたが、土砂崩れによる被害のニュースが入りました。
被害があったのは大阪平野を見渡す高台にある焼肉店「はや山荘」さんです。

幸いけが人はいませんでしたが、店舗に土砂が流れ込み大きな被害が出ました。

 

場所はここです。

大東市中垣内1305-1

 

外観は何ともないように見えたのですが、正面玄関を覗くとすぐに被害の大きさを突き付けられました。

1階ホール部分に山側から土砂が押し寄せており、奥が全く見えない状態になっています。

 

押し流されたグランドピアノが玄関のガラスを突き破っています。

大きなかめなど、様々なものが散乱し、床には泥水が残っています。

 

ここは広々としたホールだったのですが、土砂が天井まで押し寄せています。

奥から押されて来たのか、壁の一部ごとエアコンも見えます。

 

お店に行ったことのある方は息を飲む光景です。

ご存じの方も多いと思いますが、ホールの奥は池のある中庭になっています。

裏山の土砂は中庭を飲み込んでさらに店内にまで達したということになります。

 

土砂の向こう側を見るために屋上に上がらせていただきました。

屋上からは痛々しい土砂崩れの爪あとが見えました。 

 

鉄製のフェンスが崩壊し、竹林が滑り落ちるように崩れているのがわかります。

 

土砂は竹林ごとお店の方へと流れ込んでいます。

ここは池のあった場所ですが跡形もなく埋まってしまっています。

 

土砂崩れの発生時刻は7月6日(金)午前8時から8時半の間とのことです。

 

お店の方にお話を伺いましたが、週末に予約されていたお客様には連絡をして事情を説明されたとのこと。

こんな状況なので復旧にどれくらい日数がかかるかわからないが、当面休業となりますのでご理解いただきたいとおっしゃっていました。

 

朝方であったこともあり、お客様にも従業員の方にも怪我人が出なかったことは本当に幸いなことでしたが、復旧にはかなりの時間と労力が必要になりそうです。

復旧、営業再開となった際には地元の皆さんで食事に行き、応援してあげたいですね。

 

この豪雨によって深北緑地は立ち入り禁止となり、

 

洪水から街を守るための遊水地としての役割を果たしていました。

 

多少の雨ではこの姿を見せませんが、やはり雨量が多いということですね。

 

オペラパーク専門店、京阪百貨店が営業時間を縮小(7/6)するなど、お店の営業にも影響が出ていました。

 

日曜までは雨が続く予報となっていますので、皆さん十分ご注意して過ごしてくださいね。

 

(ぺっこ)

ゴーガイチケット大東・四條畷
ページの上へ