【大東】大阪桐蔭高校が3年ぶりに夏の甲子園に出場決定‼

LINEで送る

第99回全国高校野球選手権大阪大会の決勝は30日、大阪シティ信用金庫スタジアムで始まった。今春の選抜王者で、3年ぶりの優勝を狙う大阪桐蔭と、春夏通じて初出場を目指す大冠が対戦。大阪桐蔭が10―8で大冠の猛追を振り切り、3年ぶりの夏の甲子園を決めた。

朝日新聞デジタルより引用

大阪桐蔭高校は熱の甲子園3年ぶりの出場をかけ、大冠高校は春・夏を通じて初出場を狙い大阪大会の決勝戦が始まりました。
大阪桐蔭は徳山君・大冠高校は丸山君がそれぞれ先発投手で先攻は大冠高校で試合開始‼

2回裏に大阪桐蔭が1点を先制。
3回表に大冠高校が一挙に4点を奪い逆転。その裏に大阪桐蔭が1点を返すも、この時点では2-4で大冠高校がリード!
5回裏に大阪桐蔭満塁で2者連続で押し出しで2点を獲得し4-4の同点に!
6回裏に大阪桐蔭が1点を取り5-4で勝ち越し。
8回裏に大阪桐蔭が一挙に5点を奪い10-4で突き放したに見えたが…
9回表に大冠高校が4点を返す粘りをみせましたが、追い上げはココまででした。
結果は10-8で大阪桐蔭が3年ぶりの夏の甲子園出場を決めました。
AS20170730001055_comm

点を取られたら取り返すという白熱の試合でした。
勝った大阪桐蔭高校も負けた大冠高校も力を出し尽くした良い試合だったと思います。

大阪桐蔭には甲子園でも優勝を目指して頑張って欲しいですね。

 

(nami)


【注目!】大東・四條畷のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

ページの上へ