【大東】近畿で4番目の『ふるさと納税』額を集めている大東市もピンチ!? 国がふるさと納税に急ブレーキ!!

LINEで送る

「ふるさと納税」とは平成20年からスタートした制度であり、自分が応援したい自治体(市区町村)へ寄付をすることができる。

2,000円以上の寄付が条件にあり、自治体からのお礼の品や、税金の還付・控除といったメリットがある。

寄付をすると、応援してくれているお礼としてその土地の特産品や旅行券などを受け取れる自治体もあり、これが人気を博して毎年納税額がアップ!

また、各自治体もお礼の品に更なる工夫を凝らして納税者獲得に奔走してきた。

大東市でも、同市内に工場のある『象印炊飯ジャー』が人気を集め、結果大東市は近畿で4番目の納税額を誇るまでになったのである。

 

◎関連記事
【大東】「ふるさと納税寄付」で大東市を応援しよう!

【大東】大東市の『ふるさと納税』のお礼の品が「スゴイ!!」と話題に☆美味しいもの♪健康グッズ♪家電製品も♪

 

ところが、この画期的な制度に国から〝待った!!〟がかかったのだ。

 

ふるさと納税に国が“急ブレーキ” 近畿の自治体も困惑

 

 国が推進してきた「ふるさと納税」に国が急ブレーキをかけようとしています。総務省はふるさと納税へのお礼の品について、金額を抑え家電製品などは取りやめるよう要請しました。お礼の品に工夫を凝らし税収を伸ばしてきた近畿の自治体からは困惑する声が上がっています。

 

 好きな自治体に寄付をすることで様々なお礼の品がもらえる「ふるさと納税」。各自治体がお礼に工夫を凝らすことで、2015年度の寄付額(1653億円)は2年前の10倍以上になりました。これまで税収が少なかった過疎の町が、特産品を武器に数十億円の寄付を集めるケースも出るなど、小さな自治体にとっては一発逆転の夢あふれる制度です。ところが…

 

「少なくとも3割を超える返礼割合の返礼品については、速やかに3割以下とすること」(高市早苗総務相)

 

 国から自治体に送られた今月1日付の通知。ふるさと納税のお礼の品を制限するよう求めています。これまで、お礼の品の金額は平均で4割程度。1万円の寄付で大体4000円分のお礼がもらえ、自治体によっては5000円分を超えることもありましたが、これを一律3割以下に抑えるよう要請。さらに、家電製品や商品券など高額だったり換金しやすいものは、そもそもお礼として渡さないよう求めています。

 

 突然の通知に自治体からは困惑の声が上がっています。近畿で最も多額の寄付を集めている泉佐野市。特産の泉州タオルなど180種類ものお礼を用意。特にPeachの航空券と交換できるPeachポイントが人気でしたが、これからは金額を抑えるかそもそもお礼の品として提供できなくなる恐れもありそうです。

 

「中身を精査して対応を考えたいが、率直に言って困っている」(泉佐野市の担当者)

 

 京丹後市などに続き近畿で4番目の金額を集めたのが大東市。市内に工場がある象印の炊飯ジャーが人気を集めましたが、総務省の通知に従えば、これから家電製品はお礼の品として提供できなくなります。

 

「(炊飯器などは)特産品と考えて提供させていただいてきて、お米とかお肉とか特産品とどう違うのかなと。不適切とは考えていないが、通知の中身を見て対応していきたい」(大東市政策推進部 芦田雄一課長)

 

 そして今回注目したのが、近畿で9番目の金額を集める兵庫県市川町。国産ゴルフクラブ発祥の地として知られていて、3万円の寄付でアイアン1本、5万円の寄付でパター1本をお礼に提供してきました。

 

「他の自治体に比べると、ブランド化した商品がゴルフクラブしかありませんので、これをダメと言われると地域に還元できないというか、地場産業の活性化につながらない」(市川町総務課 青木久典主査)

 

 総務省の通知では、ゴルフ用品は金額にかかわらずお礼の品にすべきではないとしていますが、市川町では今後もお礼の品として提供し続けるつもりです。

 

「実際もう途中下車できないんですよね、ここまで来ると。かなり財政的にも厳しい状態なので、ある程度の競争は仕方ないのかなと」(市川町総務課 青木久典主査)

Yahoo!ニュースより引用)

 

「電化製品のお礼は控えるように」との要請を受け入れることになれば、大東市の〝目玉お礼品〟が一つ失われることになる。

大東市政策推進部の芦田雄一課長も「通知の中身を見て対応していきたい」とコメントされているので、今後の動向を見守っていきたい。

 

ではまた (^O^)/

 

本日の和歌

「 その土地の 特産品をば 提供す ふるさと納税 行く末案じて 」

澄川白舟
白舟 幸縁【注目!】大東・四條畷のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

2017/04/06
ページの上へ