【大東】三刀流で話題の根尾くんが140キロ台連発! 大阪桐蔭が2回戦突破でベスト8進出!

LINEで送る

選抜高校野球2回戦、大阪桐蔭は1回に6点を先制するも、その裏に6点を返され、その後逆転を許す苦しい試合となりましたが、見事再逆転で勝利してベスト8に進出しました!

neo

大阪桐蔭“3刀流”根尾が聖地初登板 140キロ台連発にスタンドどよめく

 「選抜高校野球、2回戦・大阪桐蔭11-8静岡」(27日、甲子園球場)

 大阪桐蔭の最速148キロ右腕・根尾昂外野手(2年)が甲子園初登板し、2回無失点の好救援でチームの2年ぶり8強進出に貢献した。

 6-8の八回表に代打・西島一波捕手(3年)の勝ち越し適時三塁打などで3点を奪って逆転。八回裏から遊撃で先発していた根尾がマウンドに上がった。

 八回は四球と安打で1死一、二塁としたが、三振ゲッツーでピンチを脱した。九回はこの日の最速146キロをマークして三者凡退。

 140キロ台を連発して球場をどよめかしながらも「自分がやろうとした形とちょっと違った。体が突っ込んだし、甲子園のマウンドは不思議なところだった」。試合後は満足する様子もなく振り返ったが、投手、内野、外野をこなす“3刀流”が、聖地初登板で強烈なインパクトを残した。

デイリースポーツより

 

大阪桐蔭・根尾、「二刀流」で貢献 安打からマウンド

(27日、選抜高校野球 大阪桐蔭11―8静岡)

 大阪桐蔭の根尾が「二刀流」で勝利に貢献した。遊撃手として先発し、2点を追う八回は先頭打者で左前安打を放つ。これをきっかけに逆転すると、直後の守りからマウンドへ。「ガンガン攻めていこう」と、最速146キロの直球で押し、2回を無失点。それでも「体が突っ込んで思ったように投げられなかった」と自己評価は厳しかった。
     ◇
 ○根尾(大) 打っては逆転につながる左前安打、投げては八回から最速146キロで好救援。「リードを考えず、ガンガン攻めていこうと思った」

 

 ○坂之下(大) 八回、同点の左前適時打。「後半勝負だと思っていた。攻めるんやったら今やろと思って初球からいった」。二盗など走塁も光った。

朝日新聞デジタルより

大会前から3刀流で話題となっていた根尾くんも見せ場を作ったようですね。

注目される中での活躍見事です!

 

大阪桐蔭3年徳山が好救援!スター揃い2年に負けん

<センバツ高校野球:大阪桐蔭11-8静岡>◇27日◇2回戦

 「ミレニアム世代」だけじゃない!

 大阪桐蔭の背番号1を背負う徳山壮磨投手(3年)が好救援で逆転勝利を演出した。

 この日は、2000年(平12)度生まれの新2年生6人がスタメン出場。1回表に6点を先制したが、先発した横川凱投手(2年)が1アウトをとっただけで3安打5失点と打ち込まれ、その裏に同点に追いつかれた。

 徳山は6-6の2回から3番手で救援。その回に1点を失ったが、以降は立ち直った。3~6回を全て3者凡退に抑え、7回の満塁のピンチも1失点でしのいだ。「2年生の分までと思い、エースとしての気持ちが入りました。目の前のバッターを打ち取ることだけを考えた」。105球を投げ、6回3安打7奪三振2失点。8回の逆転劇のきっかけを作った。

 次戦は29日、準々決勝で東海大福岡とぶつかる。「3年生がやらないといけない」。スターぞろいの2年生に負けじと、自らに言い聞かせるように気持ちを高めた。

日刊スポーツより

2年生がミレニアム世代と呼ばれている、という情報も頭に入れながら3回戦以降の応援に臨みましょう!

 

藤浪が母校・大阪桐蔭戦を生観戦 「自分の時を思い出すような感じ」

 「選抜高校野球、2回戦・大阪桐蔭11-8静岡」(27日、甲子園球場)

 阪神・藤浪晋太郎投手(22)が母校の大阪桐蔭が出場した第3試合をネット裏で生観戦した。試合開始から終了まで、後輩たちの動きに熱視線を送った。

 初回の攻防で6点を奪い合う打撃戦。その後、2点ビハインドとなったが、終盤に逆転して2年ぶりの8強進出を決めた。試合後、報道陣に対応した藤浪は「(大阪)桐蔭らしいというか、終盤の粘り強さ、勝負強さが見られたいい試合だった」と満足そうな表情を浮かべた。

 藤浪はこの日、隣接する室内練習場で行われた阪神投手陣の指名練習に参加。母校の登場が第3試合だったことから「たまたま、運よく見られたのでよかった。久しぶりですかね」というように練習後の観戦が実現した。

 今春の大阪桐蔭は藤浪が春夏連覇に貢献した2012年以来の頂点を目指している。「期待は毎年しています。今日みたいな苦しい展開でもしっかり粘り勝っていけば、何とかできるんじゃないかなとは思っています」とエールを送った。

 「(大阪)桐蔭らしい粘り強さ、ここ一番の勝負強さというのを久しぶりに見られて、自分の時を思い出すような感じもしましたし、いいものを見せてもらったと思っています」。プロ野球も31日に開幕を迎えるが、後輩たちの奮闘に大いに刺激を受けた様子だった。

デイリースポーツより

 

阪神タイガースの藤浪投手は昨年は不本意なシーズンでしたが、後輩の活躍に気持ちを新たにして頑張って欲しいですね。

 

大阪桐蔭の3回戦は3/29(水)の第4試合。

清宮擁する早稲田実業を破った東海大福岡との対戦です!

 

(ぺっこ)


【注目!】大東・四條畷のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

ページの上へ