【大東】体当たり対策で試験導入される新兵器のパトカーが、北斗の拳のジャギみたい。龍間で俺の名をいってみろ!?

LINEで送る

chiikiyuugekisya

逃走車の衝突急増で“特製ランクル”導入 大阪府警、パトカー被害減らす狙い

 職務質問などを受けた車が、パトカーに体当たりして強引に逃走しようとする事件が相次いでいることから、大阪府警が、衝突に耐えられる特製バンパーを装着した専用車両「地域遊撃車」を試験導入した。通行人を巻き込むような被害のほか、長期間の修理でパトロールなどに支障が出るのを防ぐ狙いもあるようだ。

 府警地域総務課によると、“新兵器”はトヨタ製ランドクルーザーで、前面部に動物との衝突避けなどに活用される鉄製バンパー「グリルガード」を装着した。逃走車が正面から衝突しても車体にほとんど影響が出ないという。

 第1方面機動警ら隊(大阪市西区)に配備され、不審な車を発見すれば現場に急行し、パトカーの代わりに逃走経路を「ブロック」する役割を担う。パトカーに故意に車体を接触させて逃走を図った事例は平成27年に18件発生し、18台のパトカーが損傷。昨年は15件に減ったが、パトカーの損傷は21台に上った。逃走車のほとんどは盗難車や薬物事件の容疑者が運転する車だった。

 今年に入ってからも2月末までに3件発生し、4台が損傷。1月21日夜には大阪・ミナミの繁華街で、ひったくり事件で使用されたとみられる乗用車が、職務質問の際に急発進し、心斎橋筋商店街を横切って一方通行の道路を逆走、前後を取り囲んだパトカーに衝突した。幸い通行人らにけがはなかったが、「一歩間違えば大事故になりかねなかった」(府警幹部)。

 ぶつけられたパトカーは修理のため平均で約1カ月稼働できなくなるが、1台でも欠ければ日常のパトロールなど業務への影響は大きい。同様の事件が相次いでいることもあり、地域遊撃車の試験導入を決めた。第1方面機動警ら隊の西田達哉隊長は「被害を最小限に抑えるのはもちろん、車体に威圧感があり逃走をあきらめる効果もあると思う」と期待を寄せている。

産経新聞より

 

大東市の龍間に府警の訓練施設があるのはご存知の方も多いと思います。

射撃場や運転の訓練コースがあり、警察官のみなさんが市民の安全を守るべくスキルアップに励んでいます。

 

ランドクルーザーに特製バンパー「グリルガード」を備えた「地域遊撃車」が撮影されたのはこの龍間の訓練施設です。

えらいのが来てましたね。まだいるのかな?もう実戦配備されたのかな?

 

逃走車が正面から衝突しても車体にほとんど影響がないというこの「グリルガード」、弱点はサイドかという気がしないでもないですが、なかなかの迫力で北斗の拳のジャギを髣髴とさせます。

警ら隊の隊長さんも威圧感に期待していますが、この面構えで、スピーカーで「俺の名をいってみろ」とか言われたらビビるでしょうね。ジャギパト・・・

 

グリルガードって、料理で火傷しないようにはめる手袋みたいですが、車の前面の空気を取り込む開口部をフロントグリルというそうです。

車の前面のガードということですね。

もし街でジャギパトを見かけることがあったら、「あの前についてるやつはグリルガードっていうんやで」と言えるとポイント高そうです。

 

ジャギパトの活躍の機会が増えるとまさに世紀末っぽくなってしまいますが、いざというときには龍間での訓練の成果を発揮して欲しいですね。

 

大阪府警総合訓練センターはここ

 

(ぺっこ)


【注目!】大東・四條畷のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

2017/03/25
ページの上へ