【大東】大東市のお弁当屋さんでも食中毒が発生していた‼原因は連日ニュースでも話題になっていたあの海苔が原因か!?

LINEで送る

大東市のお弁当屋さんで2月に発生していた食中毒の原因がニュースでも話題になっていた『焼き海苔』が原因だった可能性が高い事が判明したようです。

大阪府は8日、同府大東市の弁当店で2月に発生したノロウイルスによる集団食中毒について、東京都立川市の市立小学校や和歌山県御坊市の幼稚園などで起きた集団食中毒の原因とみられる業者の焼きのりが使われていたと発表した。府は、この焼きのりが原因の可能性が高いとみている。

 府によると、2月18~22日に大東市内の弁当店の弁当を食べた12~81歳の男女計100人が食中毒の症状を訴えた。いずれも軽症だったが、複数の患者の便からノロウイルスを検出。弁当店では、東京と和歌山で起きた食中毒の原因とみられる業者の焼きのりが使われており、ウイルスの遺伝子型も一致したという。のりが入っていない弁当もあったが、府はウイルスが従業員を介して弁当に移ったとみている。

ヤフーニュースより引用

食中毒が発生したのは2月18日(土)大東市御供田にある「まどか」のおべんとうを食べたところ複数名が吐き気、嘔吐、下痢等の症状が出ていると2月21日(火)に届け出があったそうです。調査したところ「まどか」で調整したお弁当を食べた159名のうち53名が食中毒の症状が出ていたようです。入院された方は居られずみなさん軽傷だったようです。
大阪府ホームページに詳細の記載あり

sick_syokuchuudoku

「まどか」さんは4日間の営業停止となっていたようですが、どうやらその原因が、報道番組などでも取り上げられていた和歌山や東京でで発生していた食中毒の原因だった、あの話題の「焼き海苔」だったようです。お弁当屋さんの管理面や衛生面には何も問題は無かったようなので安心しました。ただ、直接『焼き海苔』を食べていなくても調理者を介してウイルスが移る事も有るようなので、ご家庭でも食品を扱う時は十分に注意しなければいけませんね。これから梅雨時や夏場にかけて食中毒も発生しやすくなるのでご注意してくださいね。

(nami)


【注目!】大東・四條畷のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

2017/03/09
ページの上へ