【大東】本と本との〝物々交換〟ができる!? サンメイツに開設された図書室を直撃取材!!

LINEで送る

日を追って秋の深まりが増す今日この頃、行楽に!スポーツに!また美味しい食事にと、この時期ならではの過ごし方を楽しんでおられる皆さんも多いのではなかろうか☆

 

私事ではあるが、こう見えても〝読書の秋〟派なのである。

 

年間通して常に本は読んでいるのだが、〝秋の夜長〟は特にページ数が進み易い。

 

そんな読書好きの方へ、またお子さんに絵本を読んであげたいと思われているお母さんへ、とっておきの情報があるのでご案内をさせていただく。

 

unnamed-16

 

 地域の皆さんの憩いの場でもある大東サンメイツ1F『フリースペース 109』にて、図書コーナーが常設されているのだ。

unnamed-17

 

本年5月頃から企画が持ち上がり、地元の皆さんによる古本の寄付も始められた。

 

本は日にひに増えていき、今や充実したライブラリーとして活用されている。

unnamed-18

 

コミックに

unnamed-19

 

文庫本、

unnamed-20

 

小説も充実している。

unnamed-21

 

 色んなジャンルの本があるなかで、

unnamed-22

 

私が気になった一冊がこれである。

unnamed-23

 

この重厚感のある本はいったい!?

 

何と!和・洋・中、料理のレシピを詳しく紹介した図鑑のようなもので、写真はフルカラーだ。

 

今の季節にピッタリな『松茸の土瓶蒸し』。

unnamed-24

 

あちらこちらで予約も始まっているであろう『おせち料理』。

unnamed-25

 

こちらはクリスマスにもってこいの『チキン料理』。

unnamed-26

 

そして、思わずご飯が欲しくなる『中華料理』。

unnamed-28

 

写真は若干セピア色になっているものの、かえってこれが古本ファンにはたまらない!

 

勿論109内では、自由に読書を楽しむこともできる♪

 

ゆったりとした空間で、

unnamed-29

 

お気に入りの書籍たちと共に、至福のひと時をお過ごしいただきたい。

unnamed-30

 

※飲食はNGとなっている。

 

更に!こちらのサンメイツ専門店ライブラリーには、とっておきのお楽しみシステムがあるのだ☆

 

それは、本と本との物々交換である!

 

もし気に入った本が見つかれば、お持ち帰りいただいてもOK!!

 

ただし、持参した本を置いてかえっていただきたい。

 

読み終えた本がまた誰かの手に渡り、自身には新たな本との出会いが待っている☆

 

これまた本好きにはたまらないドリーム企画ではないか☆

 

ということで、私もオススメの一冊を手に寄せていただいたのだ。

unnamed-31

内村鑑三『代表的日本人』(岩波文庫)

 

この本について書き出すと、今回の記事が一冊の書籍ほどになってしまうので割愛させていただく。(汗)

 

で、どの本と交換するか?だが・・・

 

あの料理本も捨てがたいのだが、けっこう重量があったので断念した。(笑)

 

では『くまのプーさんグッズ大図鑑』はどうか!?

 

う〜ん、こちらは既に堪能してしまったしなぁ・・・(笑)

 

悩んだ末に選んだのが、夏目漱石の『坊ちゃん』。

unnamed-32

 

持参した本よりもずいぶん大きくなって、何やら得をした気分だ。(笑)

 

夏目漱石の生い立ち、『坊ちゃん』の生まれるまで、『坊ちゃん』の内容などがコミック形式で紹介されており、漱石の好きな私にとってはまさに!掘り出し物である!!

 

ちなみに持ってきた『代表的日本人』は、文庫本の棚へちゃんと納めさせていただいたので、ご興味のある方は是非!一読を。

unnamed-33

 

大東サンメイツはこちら。

 

※定休日はホームページにてご確認いただきたい。

 

※11月のライブラリー閉館日時は、

◎毎週月曜日 13:00 〜 15:00

(上記の時間帯以外は利用可)

◎11月11日、12日、13日、16日、23日

(全ての日で終日)

 

※開館時間 10:00 〜 20:00

 

※ご不要の本があれば、ライブラリーまでお問い合わせをお願いします。

 

 

身近に手軽に、色んな本と出会える『サンメイツ専門店ライブラリー』。

 

お気に入りの一冊、また掘り出し物の古書を探しに出掛けてみてはいかがだろうか。

 

もしかしたら、新たな読書友達ができるかもしれない☆

 

ではまた(^O^)/ 

 

本日の和歌

『 サンメイツ ライブラリーにて 出会いしは 気になる一書と 気の合う人かな 』

澄川白舟
白舟 幸縁

LINEで送る

ページの上へ