【四條畷】第31回 四條畷市吹奏楽祭開催情報♪ 春のひと時 素晴らしい演奏で身も心も弾けよう♪♪

LINEで送る

今年の桜開花予想だが、大阪は3月28日と発表された。

開花を待ちわびるつぼみを眺めるのもなかなか乙なものであるが、そんな春の昼下がり、じっくりと吹奏楽鑑賞などはいかがだろうか♪

ca71c380-bb86-4017-ac49-d73ca16fdf64

地元四條畷市の中学校、高等学校など、全9団体が出演して開催される吹奏楽の祭典だ☆

それでは、出演団体、開催日時などの詳細をご案内させていただく。

 

〔出演団体〕
四條畷中学校吹奏楽部

四條畷南中学校吹奏楽部

四條畷西中学校吹奏楽部

四條畷高等学校吹奏楽部

四條畷学園高等学校吹奏楽部

大阪電気通信大学文化会吹奏楽団

四條畷吹奏楽団

Wind Ensemble Matricaria/ウィンド アンサンブル マトリカリア

プレザント音楽団

 

〔日時〕
2016年 3月20日(日)
13:00 開場  13:30 開演

 

〔会場〕
四條畷市市民総合センター市民ホール

◎ JR学研都市線『忍ケ丘駅』より南へ600メートル。
お車でのご来場はご遠慮ください。

 

〔入場料〕無料

 

主催:四條畷市教育委員会

主管:四條畷市吹奏楽協議会

お問合せ:四條畷市立公民館
☎ 072−879−3939

 

私事ではあるが、吹奏楽と聞くと、ある一人の女性を思い出す・・・

 

彼女は中学生のとき、吹奏楽部に所属していた。

宝物は、母が苦労して買ってくれたクラリネット

 

一生懸命に部活に励む日々ではあったが、高校へ進学すると徐々に吹奏楽からは遠ざかり、大切にしていたクラリネットも押入れの中で眠ることとなった。

 

そんな彼女も結婚し、二人の娘の母親となる。

 

様々な事情により、女で一つで子育てをすることとなった彼女ではあるが、苦労を喜びに変えゆく信念の女性であった。

頑張り屋さんの母の姿を見て育った娘は人一倍優しく、母親想いの姉妹へと成長していくのであった。

 

思春期を迎え、衝突することもあったが、次女は中学校に進学すると吹奏楽部に入部した。

 

 

(次女)「お母さん、クラリネット買ってほしいんだけど・・・」

(母)「ダメよ、うちにはそんな余裕はないんだから。」

(次女)「だって、ルミちゃんも買ってもらったんだよ!」

(母)「それなら、ルミちゃん家の子になりなさい!!」

(次女)「お母さんなんて大嫌いッ!!!」

 

それから何日か経ったある晩のこと、母の手にはクラリネットが・・・

 

(次女)「お母さん、そのクラリネットどおしたの?」

(母)「お母さんね、忙しくてすっかり忘れてたの・・・このクラリネットはね、お母さんが中学生のときに使ってたものなのよ。音が出なかったんで、楽器屋さんに修理してもらったんだけど・・・使ってくれる?」

(次女)「・・・お母さん!(T ^ T) この前はごめんなさい!!わたし!大切につかうね!お母さん!ありがとぉー♡」

(母)「型は古いけど、しけには強いのよ♪」

(次女)「それって兄弟船じゃん!」

 

 

それからというもの、次女は来る日もくる日も練習に励み、遂に!大きな大会へも出場!!

母と姉、そして祖母が見守るなか、見事な演奏を披露した♪

その手には勿論、あのクラリネットが握りしめられていた・・・

 

 

今回開催される四條畷市吹奏楽祭にも、様々なドラマがあるに違いない。

そして、それらの想いを込めて演奏される曲たちは、聴く者の心を動かすことであろう♡

春は躍動の季節であり、生命が最も輝く季節とも言われる☆

さぁ、出かけようではないか!音楽の祭典へ♪♪♪

スクリーンショット 2016-03-02 16.22.27

ではまた(^O^)/

 

本日の和歌

『 なわてにて 心も躍る 春の日の 吹奏楽祭 皆で出かけむ 』

澄川白舟
unnamed (6)

LINEで送る

 
2016/03/19
ページの上へ